--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/05/16

セラピストのための集客【無料】オンラインレッスン

私のアロマテラピーの師匠、藤原綾子さん
すごく魅力的な企画を紹介します。

アロマテラピーを職業としているかた、これからしたい方には
必見のオンラインレッスンです。
(完全無料)

先生はアロマテラピーの知識が深いのはもちろんのこと、
セラピストとしても成功されておられて、
コーチングの勉強もされて(このたび修了したそうです)
教え方、生徒のやる気の引き出し方、上手でいらっしゃします!

私も、アロマテラピーアドバイザーのレッスンを受けていて
このたび無事合格できましたが、それは一重に先生とのレッスンが楽しかったからこそ!

日本(世界?)におけるアロマテラピーの正しい認知度と理解を底上げを
目標とされている先生だからこそ出来るすばらしい試み。

アロマテラピーを職業としたい方が知りたいポイントが
今後わんさか出てくると思います。
私もプログラム開始が非常に楽しみです。



◎アロマセラピスト育成プログラム
アロマセラピストの人生を変えるリピート集客「5つの秘密」
⇒ http://vertmer.sakura.ne.jp/

受付締め切り:【5月26日】


安定した集客、安定した収入のためのオンラインレッスンで

・接客編
・精油編
・施術編
・カウンセリング編
・集客編

という構成になっています。

興味のあるかた、ぜひ登録してみてください。
ちなみに完全無料ですので、ご安心を。
スポンサーサイト
アロマテラピー | Comments(0) | Trackback(0)
2013/02/17

アロマ修行中

NARDJAPANのアロマテラピーアドバイザーレッスンも折り返し地点を過ぎ7回のレッスンが終わりました。
全部で12回のレッスンを受け、その後資格試験があるのですが、折り返しなんてなんだか寂しいぞ。
レッスンがホントに楽しい♪
まだまだずっと受けていたい、そんな気もちになれるんです。
でも、アロマテラピーを自分で実践できるようになるのが、アドバイザーとなる目的。
心身ともに自立した女性にならないとね。

アドバイザー資格が無事に取得できたら、次はインストラクターを目指そうかなぁなんてふうにも
思っていたのだけど。。
先生のところで勉強しているうちに、セラピストという道もすてきだな。。と思うように。
初めは私にセラピストなんか務まらないだろうって思ってたんだけど。

今日、フェイシャルレッスンの見学に行って施術を、レッスンのモデルという名目で
施術を受けさせてもらいました。

受けてみてびっくり。
だって、顔の表面なでてるだけのようなトリートメントだったんです。
先生のブログで読んでいたから、やんわりタッチだってことは、知っていたけどこれってほんとに効くわけ?
受けていながらもそう感じてたんですけど、施術後、
ちゃんと変わってます。顔の輪郭、目の大きさ、ほっぺたの高さ。
へえ~~~~。。
顔の筋肉は緊張しやすいところなので、やんわりほぐしていかないと、すぐに固まってしまうのだとか。
やんわりトリートメントだから、若い人でなくお年を召した方にも受け入れやすい施術なのだとか!

もう、レッスン中へ~へ~ポイント続出で、
はい、
表情筋機能再生セラピスト育成コースの申込みしちゃいました。

1年前には思いもよらなかった自分への道へまっしぐらです。
アロマテラピー | Comments(0) | Trackback(0)
2012/11/26

精油BOX

アロマテラピーの先生から、勉強を始めたプレゼントとして
「精油ボックス」をいただきました。
精油が12本入る、小さな小箱です。

box.jpg

「毎朝、箱をあけるとあなたに訴えてくる精油があるはずです。」と。

精油のフタはしっかり閉まっているのですが、
箱をあけるとほのかに良い香りが漂います。
何の香りが自分に訴えかけているか。
それを見つけてあげると、
なんだかとてもその香りが愛おしくなります。

ちなみに今日はまだ開けてなかった。
今、箱を開けてみたら、う~~~ん
気になった香りは「ローズマリー」でした。

アロマテラピー | Comments(0) | Trackback(0)
2012/11/21

師匠のメルマガ

私の現在のアロマテラピーの師匠「藤原綾子さん」をご紹介します!

私は師匠に会うために、片道1時間半以上の距離を
レッスンのために通い始めました。
遠くても、この人に教わりたい!って強く思ったんです。

今日は2回目のレッスンに行ってきました。

きっかけはメルマガ。
登録すると、その日から7日間メルマガが届きます。
動画付きのメルマガはさながら、
対面レッスンのようです。

ほんのちょっとばかりアロマの知識があった私ですが、
「へ~」「なるほど~」の連続でした。
結構内容が濃いですよ!面白いですしね。
濃いのに無料なのが、すごい!
今でも時々動画レッスンを見直したりしてます。

動画レッスンを見ていたので、まだ見ぬ先生に親近感を抱き
1回目のレッスンに先生にお会いしたときには、
初めてお会いした気がしなかったです。



アロマセラピーに興味が持てるだけでなく
自分自身についてももっとよく知ることができ
7日間があっという間に感じられますよ。


プロから学ぶ7日間の【無料】メールLesson

◎『あなたの人生を変えるアロマのみつけ方』
⇒ http://www.vertmer.com/lecture/index.html

アロマテラピー | Comments(0) | Trackback(0)
2012/11/15

触れても良い精油

アロマテラピーを取り入れている方にはよく知られたことですが、
精油(エッセンシャルオイル)原液は直接触れてはいけません。
原料となる植物が抽出されるときに、自然の状態よりもとても濃縮されていて刺激が強くなっています。

ですが、触れても大丈夫とされている精油にラベンダーがあります。

mini_fd8f1b11b7574407ee9716d98e814a98.jpg


1910年6月、フランス人化学者のルネ・モーリス・ガットフォセ(Rene-Maurice Gattefosse 1881~1950)が
実験中に爆発を引き起こして、両手と頭皮にやけどを負った。そのとき、とっさにラベンダー精油をかけたところ、みるみる回復し、驚いたというエピソードがあります。
その後、ラベンダーをはじめとする精油の研究を始めました。そして1937年に「Aromatherapy」という書籍が世に送り出され、現在のアロマセラピーが始まりました。

アロマテラピーのはじまりはラベンダー精油からだったのです。
(さかのぼれば紀元前から香りやハーブを様々な形で利用して来ています。ですが、アロマテラピーと名がついたのは、このルネ・モーリス・ガットフォセがそう名づけたときからです)


私が1990年代にアロマテラピーを習ったときに
触れても大丈夫な精油として教わったのが、
ラベンダーとティートリーの2種類でした。

でも今、改めて勉強してみますと、ティートリーは刺激の強い精油だと紹介されています。
1.8-シオネールという成分が刺激が強いそうなのです。

現在の私の先生に
「昔ティートリーも触れてよい精油と聞いたことがありますが?」と質問したところ、
「以前はそういわれていましたが、現在はティートリーは触れてはいけない精油になりました」とのこと。

しかも!
1年経過したティートリー精油は毒性が発生するので、使用しないほうが良いですよとのこと。

普通は開封1年たった精油は使わないというルールが一般的になっていますが。。
アロマテラピー | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。