--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/11/21

師匠のメルマガ

私の現在のアロマテラピーの師匠「藤原綾子さん」をご紹介します!

私は師匠に会うために、片道1時間半以上の距離を
レッスンのために通い始めました。
遠くても、この人に教わりたい!って強く思ったんです。

今日は2回目のレッスンに行ってきました。

きっかけはメルマガ。
登録すると、その日から7日間メルマガが届きます。
動画付きのメルマガはさながら、
対面レッスンのようです。

ほんのちょっとばかりアロマの知識があった私ですが、
「へ~」「なるほど~」の連続でした。
結構内容が濃いですよ!面白いですしね。
濃いのに無料なのが、すごい!
今でも時々動画レッスンを見直したりしてます。

動画レッスンを見ていたので、まだ見ぬ先生に親近感を抱き
1回目のレッスンに先生にお会いしたときには、
初めてお会いした気がしなかったです。



アロマセラピーに興味が持てるだけでなく
自分自身についてももっとよく知ることができ
7日間があっという間に感じられますよ。


プロから学ぶ7日間の【無料】メールLesson

◎『あなたの人生を変えるアロマのみつけ方』
⇒ http://www.vertmer.com/lecture/index.html

アロマテラピー | Comments(0) | Trackback(0)
2012/11/15

触れても良い精油

アロマテラピーを取り入れている方にはよく知られたことですが、
精油(エッセンシャルオイル)原液は直接触れてはいけません。
原料となる植物が抽出されるときに、自然の状態よりもとても濃縮されていて刺激が強くなっています。

ですが、触れても大丈夫とされている精油にラベンダーがあります。

mini_fd8f1b11b7574407ee9716d98e814a98.jpg


1910年6月、フランス人化学者のルネ・モーリス・ガットフォセ(Rene-Maurice Gattefosse 1881~1950)が
実験中に爆発を引き起こして、両手と頭皮にやけどを負った。そのとき、とっさにラベンダー精油をかけたところ、みるみる回復し、驚いたというエピソードがあります。
その後、ラベンダーをはじめとする精油の研究を始めました。そして1937年に「Aromatherapy」という書籍が世に送り出され、現在のアロマセラピーが始まりました。

アロマテラピーのはじまりはラベンダー精油からだったのです。
(さかのぼれば紀元前から香りやハーブを様々な形で利用して来ています。ですが、アロマテラピーと名がついたのは、このルネ・モーリス・ガットフォセがそう名づけたときからです)


私が1990年代にアロマテラピーを習ったときに
触れても大丈夫な精油として教わったのが、
ラベンダーとティートリーの2種類でした。

でも今、改めて勉強してみますと、ティートリーは刺激の強い精油だと紹介されています。
1.8-シオネールという成分が刺激が強いそうなのです。

現在の私の先生に
「昔ティートリーも触れてよい精油と聞いたことがありますが?」と質問したところ、
「以前はそういわれていましたが、現在はティートリーは触れてはいけない精油になりました」とのこと。

しかも!
1年経過したティートリー精油は毒性が発生するので、使用しないほうが良いですよとのこと。

普通は開封1年たった精油は使わないというルールが一般的になっていますが。。
アロマテラピー | Comments(0) | Trackback(0)
2012/10/27

アロマテラピー

1995年ころ、アロマテラピーがマスコミに紹介され、にわかに日本でもブームになりました。
私はそのころ会社員で、会社のすぐ近くにアロマショップが出来たこともあり
アロマテラピーのことを少し勉強し、しばらく生活に取り入れていました。
アロマランプで芳香浴をしたり、化粧水を作ったりして楽しんでいましたが、
いつのまにか忘れていました。

結婚後にアロマランプをプレゼントされたこともあり、たまに芳香浴をすることはありましたが、
この最近、マイブームが復活したんです。

きっかけは「やさしくなろう、おだやかになろう」と思ったこと!
土を触ったり(ガーデニング)、ハーブティを飲んだり、アロマをやると良いとある人からアドバイスされ、
あ~~、そういえば、アロマテラピーやハーブって昔好きだったな~~、
まるで、かつての恋人を思い出すような心境でいたんですが、、、
昔読んでいたアロマの辞典などを引っ張り出して読み返したら、
なんだかまた楽しくなってきた!

やさしくなれそうだし、家族にもよさそうだし、なにより自然のものを生活に取り入れらる。

そんか感じでまたアロマテラピーマイブームに火がつきましたよ~。
アロマテラピー | Comments(0) | Trackback(0)
2011/12/24

お弁当11月12月

1110.jpg
からし菜漬物(自家製)のチャーハン、おからのナゲット、切干大根とにんじん、から揚げ、ブロッコリー
1117.jpg
ハンバーガー(牛肉パティ、トマト、レタス、チーズ)、かぼちゃ煮もの、うずらの卵、ラディッシュ、キウイフルーツ
ハンバーガーがお弁当となって息子大喜び。

11osjoheno.jpg
3色弁当♪(鮭フレーク・ピーマン・たまご)、から揚げ、うずらたまごちゃん(ゴマがお歯黒みたい;;)
ご飯に具を載せるだけだとぼろぼろ落としそうなので、ご飯に混ぜ込みました。

112dsporneoirjoe.jpg
ごぼうと鮭のおむすび、ソーセージのヒマワリ、ラディッシュ、ブロッコリー、アジのゴマ衣焼

2011112111456.jpg
鮭フレークごはん、干し大根とにんじんの煮もの、ほうれん草ゴマあえ、プチトマト、卵焼き、鶏から揚げ
2011123000.jpg
ロールパンサンドイッチ(たまご、ツナサラダ、レタス)、鶏から揚げ、マグロソテー、枝豆あおむしくん(パスタに枝豆をダンゴ状に刺したもの。KAYOちゃんやってみたよ!)
この日は暖かい冬の日だったので、園庭でお弁当を食べたそうです。
サンドイッチだったのでさらにピクニック気分だったとか・・・。

今年のUPはこれで最後です。今年はお弁当の記録ばかりでした。
来年はお庭の管理や作品UPもがんばります。
よいお年をお迎えください。
お弁当 | Comments(2) | Trackback(0)
2011/11/09

通園バッグとお着替え袋

ひさしぶりにchikuwaさんのお店に納品するものを作りました。
来年の春、幼稚園に入園する子供さん(小学校入学でも可ですよ~)のために
通園バッグとお着替え袋をおそろいの生地でセットにして作りました。

まずは男の子用2種類。
11094.jpg11093.jpg
モスグリーンにチェック生地  
リネンストライプに青いチェック生地

男の子用のって、なかなかおしゃれなデザインって見つかりにくいものです。
でもキャラクターモノではなく、小学校に上がっても持つのにおかしくないデザインを
お探しのお母さまって多いと思います。
私もそうでしたから・・・。
幼稚園児には地味めなデザインかもしれませんが、そういうのが欲しいとおもっていらっしゃる方に
見ていただけたらな~と作りました。


これは女の子用
11092.jpg11091.jpg
マトリョーシカ生地とピンク無地を横のデザインと
縦のデザインで

女の子はかわいいものがたくさん市販でもありそうですよね~。
数あるマトリョーシカ生地のなかでも、私の大好きな生地を使って作りました。
同じものを持っている子がいないように、同じ生地でもデザインを変えて作ってます。
お着替え袋もストライプリネンの配置(縦向き、横向き)と、紐の色を変えてます。


chikuwaさんのお店でクリスマスのイベントあります。
201111_08_31_e0125731_645452.jpg
ハンドメイド子供用 | Comments(0) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。